軍裏@ふたば[ホーム]


[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1535904924682.jpg-(30532 B)サムネ表示
30532 B近接信管 Name 名無し 18/09/03(月)01:15:24 IP:2400:7800.*(ipv6) No.481339 del 06日06:27頃消えます
アメリカ軍はかなり特攻機を恐れていたらしく
近接信管を緊急で開発したらしい
対空砲弾の衝撃に耐える真空管を開発し本国の
女性や青年その他大勢で作成したという話を
昔聞きましたがどこまで本当なのかな
削除された記事が1件あります.見る
無題 Name 名無し 18/09/03(月)01:41:53 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp) No.481343 del
最近第二次大戦ネタばかりでスレ立てする作戦でも進行中なのかな?
無題 Name 名無し 18/09/03(月)01:55:23 IP:153.182.*(ocn.ne.jp) No.481344 del
東京湾に入る時
マッカーサーはひどく動揺していたって話は
ここで聞かせてもらったことがある
無題 Name 名無し 18/09/03(月)02:05:56 IP:2409:12.*(ipv6) No.481345 del
特攻機は確かに前線の兵士に恐怖を与えていたけれどアメリカ軍全体としては
日本が航空戦力に力を入れていたこと自体に脅威を感じていたんじゃないかな
無題 Name 名無し 18/09/03(月)12:31:57 IP:182.250.*(au-net.ne.jp) No.481360 del
特攻より近接信管の実戦使用の方が先だろーが
ってのは置いといて表で変なコテでスレ立ててる奴?
無題 Name 名無し 18/09/03(月)21:49:25 IP:240f:a8.*(ipv6) No.481375 del
真空管て電源入れて温めなきゃ本領発揮しないんだぜ
無題 Name 名無し 18/09/03(月)23:49:56 IP:122.208.*(ucom.ne.jp) No.481383 del
日本は戦後まで近接信管の存在は知らなかったって話だが

なんだかわからんが米軍の迎撃率が上がったスゴイ弾幕だって認識して
それはレーダーのおかげと判断し低空侵入してたらしいが
それは近接信管対策にもなったんかね?

それとも逆に餌食になったのか
無題 Name 名無し 18/09/04(火)00:12:45 IP:240b:10.*(ipv6) No.481388 del
簡単な半導体素子の回路を樹脂で固めて発射時のGに耐えたんだっけか。
電池も発射時のGで割れて初めて導通するという安全設計。
製造する工程自体は簡単なんだろうな。
戦場に出始めたのは1943年ころからだっけ?
無題 Name 名無し 18/09/04(火)00:46:12 IP:2400:7800.*(ipv6) No.481389 del
>真空管て電源入れて温めなきゃ本領発揮しないんだぜ
でも落として割れるぐらいの衝撃じゃないし
無題 Name 名無し 18/09/04(火)00:50:52 IP:240d:1a.*(ipv6) No.481390 del
IP:2400:7800.*(ipv6)

表でマーという名前いれて乱立してるのだね
軍や軍裏はひと月くらいスレが残るようなところだから
乱立するのはやめて欲しいんだが
無題 Name 名無し 18/09/04(火)14:34:25 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp) No.481417 del
>簡単な半導体素子の回路を樹脂で固めて発射時のGに耐えたんだっけか。
半導体というかトランジスタの発明は戦後かなり経ってからじゃねーの?
無題 Name 名無し 18/09/04(火)17:05:06 IP:59.157.*(dti.ne.jp) No.481420 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/09/04(火)17:30:57 IP:240f:a8.*(ipv6) No.481422 del
>半導体というかトランジスタの発明は戦後かなり経ってからじゃねーの?
1947年、ベル研究所の理論物理学者ジョン・バーディーンと実験物理学者ウォルター・ブラッテンは、半導体の表面における電子的性質の研究の過程で、高純度のゲルマニウム単結晶に、きわめて近づけて立てた2本の針の片方に電流を流すと、もう片方に大きな電流が流れるという現象を発見した。最初のトランジスタである点接触型トランジスタの発見である。
無題 Name 名無し 18/09/04(火)17:53:26 IP:240f:a8.*(ipv6) No.481423 del
>でも落として割れるぐらいの衝撃じゃないし
大砲の発射Gに耐えるために樹脂で固めても
グリッドヒーター暖めないと電子が飛ばないのは
真空管の宿命
無題 Name 名無し 18/09/04(火)18:01:19 IP:119.104.*(au-net.ne.jp) No.481424 del
>半導体というかトランジスタの発明は戦後かなり経ってからじゃねーの?

半導体じゃなくて真空管だね。昔、NHKのドキュメント太平洋戦争の第3集で詳しく解説されていたよ。
無題 Name 名無し 18/09/04(火)18:13:29 IP:153.151.*(dti.ne.jp) No.481425 del
    1536052409051.jpg-(54334 B) サムネ表示
54334 B
メタル管、MT管、GT管じゃあないの?

金属の外被が被されてる
内部のプレート、カソードとか構造も耐・振動になってる。

増幅系じゃあないのら親指の太さぐらいで高さ3cmぐらいのもある
無題 Name 名無し 18/09/04(火)18:16:22 IP:119.104.*(au-net.ne.jp) No.481426 del
ちょうどそのシーンの動画があったよ。

https://www.youtube.com/watch?v=jAjRDZ8c6xg
無題 Name 名無し 18/09/04(火)21:22:53 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp) No.481444 del
動画の中のは普通のMT管にしか見えないね
あと動画にでてくる対空砲はほとんどVT信管を使っていない小口径のものばかり
無題 Name 名無し 18/09/13(木)13:55:55 IP:61.86.*(kcn.ne.jp) No.481873 del
十倍の戦闘機を撃ち落とすぞー!! って感じで
作られたんだけど 弾が八分の一で済むだけで
撃墜数は変わらなかったでござる

現場は 意味ねーじゃん!弾もっと持って来い!
だったそうで 
まあ撃ち落とす事自体に限界がありますな
無題 Name 名無し 18/09/14(金)00:17:19 IP:153.182.*(ocn.ne.jp) No.481895 del
>でも落として割れるぐらいの衝撃じゃないし

零戦に使われていた真空管ってのを見せてもらったけど
合成樹脂で覆われていて
少し大きめのトランジスタって感じだった
無題 Name 名無し 18/09/15(土)22:11:32 IP:240f:a8.*(ipv6) No.481984 del
>弾が八分の一で済むだけで撃墜数は変わらなかったでござる
じゃあ同数の弾撃ったら撃墜率上がってるじゃん
無題 Name 名無し 18/09/16(日)03:32:50 IP:219.28.*(bbtec.net) No.482005 del
>じゃあ同数の弾撃ったら撃墜率上がってるじゃん
不思議なことに対して変わらなかった。むしろ高くついたの。これは最近まで秘匿されてたこと。それ程特攻が嫌だったとのこと。まあ精神ダメージが大きいだろうからね〜。
無題 Name 名無し 18/09/16(日)08:28:32 IP:240f:a8.*(ipv6) No.482013 del
いやいや
8発で1機撃墜が1発で済むんでしょ
ただし、弾幕張るんで狙ってるヒマなんかありません!
ってヤツだから撃墜数が変わらなかったってだけで
無題 Name 名無し 18/09/16(日)10:38:54 IP:1.75.*(spmode.ne.jp) No.482016 del
当時米軍の5inの信管調停は元がゴミだったので...
基本的に米軍の対空砲火の戦果は機銃がメインなのだ
無題 Name 名無し 18/09/16(日)11:24:16 IP:49.98.*(spmode.ne.jp) No.482017 del
八九式なんかでも装填架に乗せたら後は自動調停なのに
Mk12系は手動で調停してから装填だっけか
無題 Name 名無し 18/09/16(日)11:30:02 IP:2400:417a.*(ipv6) No.482019 del
>画像はホムセンのチラシ
M4ピストルって何だ…?
無題 Name 名無し 18/09/16(日)11:58:22 IP:115.163.*(so-net.ne.jp) No.482021 del
米軍の防空のすごいのはレーダーによる統制された射撃システムとボフォース40mmの弾幕
5インチのマジックヒューズ対空砲とボフォースの撃墜比率は1:5くらいだそうで
無題 Name 名無し 18/09/16(日)22:56:18 IP:240d:1a.*(ipv6) No.482056 del
普通の爆撃や雷撃は投弾時に少しでも狂わせれば攻撃阻止になるが、
特攻機の場合はパイロットや操舵系統に致命傷を与えないと修正しながら向かってくるので撃墜しないといけない。
対抗するために必要な火力量がまったく異なるんだよね

その辺を理解できない人が特攻できるなら通常攻撃でいいと的外れなことを言いだす。
無題 Name 名無し 18/09/17(月)00:27:12 IP:219.16.*(bbtec.net) No.482060 del
日本海軍はイギリス・アメリカのボフォース40mm、ドイツのラインメタル37mmに匹敵するクラスの対空機関砲を持ちませんでしたが、必要ないと考えていたのでしょうか?
無題 Name 名無し 18/09/17(月)00:50:38 IP:2409:13.*(ipv6) No.482062 del
金や時間は必要だってわかってるけどなかなか増えないよなー
無題 Name 名無し 18/09/17(月)08:53:52 IP:106.130.*(au-net.ne.jp) No.482084 del
>日本海軍はイギリス・アメリカのボフォース40mm、ドイツのラインメタル37mmに匹敵するクラスの対空機関砲を持ちませんでしたが、必要ないと考えていたのでしょうか?
作ろうとしていたけど手本として輸入したものの出来が悪いから後回しになったんだっけ?
無題 Name 名無し 18/09/17(月)11:58:47 IP:240f:a8.*(ipv6) No.482094 del
>作ろうとしていたけど手本として輸入したものの出来が悪いから後回しになったんだっけ?
毘式40mm機銃?
無題 Name 名無し 18/09/17(月)13:44:27 IP:115.124.*(bbiq.jp) No.482108 del
戦前のビッカースとルイスしか参考品がないので
永久にそれなので
徹甲弾もそんな感じなので
無題 Name 名無し 18/09/18(火)13:44:02 IP:124.87.*(ocn.ne.jp) No.482273 del
>日本海軍はイギリス・アメリカのボフォース40mm、ドイツのラインメタル37mmに匹敵するクラスの対空機関砲を持ちませんでしたが、必要ないと考えていたのでしょうか?
開戦直後に南方で鹵獲したボフォース40mm(単装型)を国産化したが五式40mmという呼称からして完成した時期がね
無題 Name 名無し 18/09/19(水)00:08:26 IP:219.16.*(bbtec.net) No.482312 del
>五式40mm

一応ボフォース40mmを導入しようとはしたんですね
ただ最初に装備したのが敗戦直前に完成した敷設艇 神嶌で鹵獲から3年も後
あまりに時間がかかりましたね
無題 Name 名無し 18/09/19(水)02:37:45 IP:119.240.*(mesh.ad.jp) No.482315 del
オーディオ好きな奴なら知ってるであろう5678ってサブミニチュア管は
VT信管の真空管の民生バージョンだからな
こんなもん戦中に量産とかアメリカには恐れ入るよ
無題 Name 名無し 18/09/20(木)21:12:27 IP:59.157.*(dti.ne.jp) No.482420 del
    1537445547818.jpg-(37508 B) サムネ表示
37508 B
10〜15メートル範囲に届く簡単な電波で、
ラジオ電波でも何でもいいので、
発信した電波の反射波を感知したら爆発する仕組み。

電源は液体電池で発射した衝撃で電池が作動、
電波を出して反射波を感知したら、
弾頭が爆発して破片をばら撒く仕組み。
無題 Name 名無し 18/09/20(木)21:24:05 IP:59.157.*(dti.ne.jp) No.482422 del
ステルス機だと電波が反射しないので進入できる。
無題 Name 名無し 18/09/20(木)21:28:26 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp) No.482423 del
誤作動で死んだ人がいないのか気になる
無題 Name 名無し 18/09/20(木)21:41:01 IP:59.157.*(dti.ne.jp) No.482424 del
近接信管弾頭は米軍は海上でしか使用しなかったので、
日本軍には手に入らなかった。

外れても数十秒後に爆発する仕組みになっているものの
不発頭も多く、もしも陸上で使われていたら、
電池の切れた近接信管弾頭を大量に入手できただろう。
無題 Name 名無し 18/09/20(木)22:58:30 IP:116.65.*(home.ne.jp) No.482431 del
VT信管の電源って電解質を詰め密封したガラス管で
発射した衝撃でガラスが割れ初めて電気が発生するんだよね
昔は乾電池でも定期的に入れ替えていたのかと思っていたが
仕組みを知った時は随分と感動した思い出

まぁレモンに亜鉛と銅の板を差し込めば電池になるし
頭の良い人なら少し考えれば思い付く仕組みなんだろうが‥
無題 Name 名無し 18/09/21(金)08:53:19 IP:240f:a8.*(ipv6) No.482444 del
モーター駆動の魚雷とか海水電池らしいな
無題 Name 名無し 18/09/21(金)18:56:34 IP:115.124.*(bbiq.jp) No.482459 del
>仕組みを知った時は随分と感動した思い出

触角式の機雷にそのタイプがある
無題 Name 名無し 18/09/22(土)00:39:20 IP:116.65.*(home.ne.jp) No.482478 del
そうなんですか
昔から色々と使われている技術なんですねぇ

水電池もそうですが使用する寸前まで状態を
安定して維持できる技術って受け身の兵器には
うってつけの技術ですよね

・・技術が進歩しコストと性能の折り合いが付いて
対人地雷のパーツとかに使われたら最悪だったでしょうね
(とんでもない長期間でもHOTな状態で延々待機するし)
無題 Name 名無し 18/09/22(土)10:16:43 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp) No.482505 del
初期の単純なものは強力なレーダー波を受けて爆発とかしなかったのかな?
増幅無しでもリミットを越えそうな状況もあると思うんだよね
無題 Name 名無し 18/09/22(土)15:00:46 IP:59.157.*(dti.ne.jp) No.482539 del
    1537596046495.jpg-(37299 B) サムネ表示
37299 B
もし、日本軍が不発の近接信管弾を入手できていたら・・・・

近接信管弾が発する電波の周波数と波形を調べて、
「(ECM)妨害波装置」で同じ電波を照射してやれば
飛んでくる近接信管弾を爆発させて無力化していだろうね。
無題 Name 名無し 18/09/22(土)18:08:58 IP:2409:13.*(ipv6) No.482551 del
>周波数と波形を調べて、
??
無題 Name 名無し 18/09/22(土)19:57:00 IP:36.11.*(au-net.ne.jp) No.482556 del
陸軍はずっと37ミリ機関砲を研究してて
速射砲と同じ弾を使ったのを試作してる

…んだけど結局いつまで経っても作動が安定しなくて最終的にお蔵入り
日本特殊鋼が売り込んだ対空、対戦車兼用の機関砲もやっぱり不安定で採用されず
毘式の後釜を狙ったのか海軍が声かけたけど条件が折り合わずお流れ

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-