軍裏@ふたば
[ホーム]

[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1574929414951.jpg-(104310 B)
104310 Bドイツ陸軍戦車部隊増勢へName名無し19/11/28(木)17:23:34 IP:49.98.*(spmode.ne.jp)No.500971+ 23:24頃消えます
防衛予算を年々増加させているドイツ。
組織の再編も進み、様々な部隊が復活しています。
2006年に解隊された第363戦車大隊も復活が決まる。
2019年からオランダと共にNATO統合早期即応部隊の中核をイタリアに代わって担うことになり、任務が増加しているため、規模の拡大が必要とされています。

2020年4月には仮運用が始まり、レオパルト2戦車の配備は同年10月からの予定。
すべての編制が完結すると、第363戦車大隊は44両の戦車による3戦車中隊と、1後方支援中隊という組織になる。
このスレは古いので、もうすぐ消えます。
削除された記事が2件あります.見る
1無題Name名無し 19/11/28(木)17:58:41 IP:2001:268.*(ipv6)No.500973+
海軍と空軍にも回してあげてよ
2無題Name名無し 19/11/28(木)18:12:28 IP:218.46.*(odn.ne.jp)No.500975+
仮想敵のロシアの空海軍兵力はNATO諸国で十分だからじゃろ
3無題Name名無し 19/11/29(金)00:53:40 IP:182.250.*(au-net.ne.jp)No.500992+
十分じゃないが人も金も技術も足りる物が無い
ぶっちゃけ日本からFFMやDDでも輸入するかインドからバイパーでも輸入するのが確実だと思うがそれも難しい
4無題Name名無し 19/11/29(金)08:43:53 IP:61.213.*(dsnw.ne.jp)No.501005+
戦車不要論者が憤死しそうな流れやな
5無題Name名無し 19/11/29(金)22:05:26 IP:240d:2.*(ipv6)No.501029+
稼動できる戦車が100両以下の状況からやっと改善する気になったか
6無題Name名無し 19/11/29(金)22:58:17 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501034+
軍自体かなり弱体化してるんじゃなかろうか?
装備を買っても肝心の人員と練度が必要な水準に戻るのには20年はかかると思うぞ。
7無題Name名無し 19/11/29(金)22:58:45 IP:36.11.*(au-net.ne.jp)No.501035そうだねx3
ドイツ連邦軍がガタガタって話は日本の軍事雑誌とかで取り上げないね。
なんでだろ?
ドイツ軍ファンは多いからきちんとした記事は受けると思う。
8無題Name名無し 19/11/29(金)23:07:56 IP:2400:4053.*(ipv6)No.501036+
それは言われてるほどガタガタじゃないからなんでは…
9無題Name名無し 19/11/29(金)23:17:57 IP:36.11.*(au-net.ne.jp)No.501037+
日本語で読めるまともな記事が無いのはいかがなものかな?
10無題Name名無し 19/11/29(金)23:22:23 IP:36.11.*(au-net.ne.jp)No.501038+
44台で1個大隊は中隊は12台と2台が3つで大隊本部2台の編成?
11無題Name名無し 19/11/30(土)00:39:43 IP:59.133.*(dion.ne.jp)No.501040+
現場ネコ「えっ!? そもそも稼働率がクソみたいな状況で増強とか言われても・・・」
12無題Name名無し 19/11/30(土)01:05:07 IP:2001:268.*(ipv6)No.501041+
>戦車不要論者が憤死しそうな流れやな
これでも全盛期に比べたら悲しくなる規模
むしろ冷戦期が異常だったのでは・・・
13無題Name名無し 19/11/30(土)02:35:50 IP:2400:4150.*(ipv6)No.501045+
ドイツの防衛予算って年間5.4兆円で結構な額だと思うけど
何故それでグダグダになるんだろう
14無題Name名無し 19/11/30(土)07:42:15 IP:60.46.*(plala.or.jp)No.501054+
>何故それでグダグダになるんだろう
ドイツだから?
15無題Name名無し 19/11/30(土)08:31:23 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501056+
ひょっとしてスレのソース元ってこれなのかね?
https://grandfleet.info/military-trivia/is-the-german-enemy-the-german-government/
16無題Name名無し 19/11/30(土)08:39:09 IP:126.250.*(access-internet.ne.jp)No.501057+
> 戦車不要論者が憤死しそうな流れやな

日本だと、上陸された時点で負け戦だから戦車不要 ! って
評論家やコメンテーターいるけど、陸戦想定してるドイツ
でもそういう人いるの ?
制空権取られたら戦車なんて役に立たねーってのは WW2
の頃から事実ではあるけどさ
17無題Name名無し 19/11/30(土)14:08:26 IP:240d:2.*(ipv6)No.501065+
去年の記事だが戦闘機にいたってはまともに飛べるのが4機だとか10機だとか
https://www.sankei.com/west/news/180522/wst1805220007-n1.html
18無題Name名無し 19/11/30(土)14:58:57 IP:153.151.*(dti.ne.jp)No.501067+
>ドイツの防衛予算って年間5.4兆円で結構な額だと思うけど
他の事案(軍だけじゃあなくて、民間も)でも言われてるけど、今のドイツには大きなプロジェクトを実施できる能力が無いからかもね。

タイフーンは保守部品の入手問題(翼端のポッドの製造会社が買収された、その会社の認証がされていない)、トーネードは退役させる予定で敵味方識別装置を(5)にアップデートする予定がないし、機器のアップデート後コクピットの計器の表示が明るすぎて夜間に使えない、海軍はフリゲートまでしか持っていないのに何故か?新造してるのは対テロに特化したチンケな武装の艦艇だけ。
 フランスとの次期戦闘機開発ではエンジンはあのフランスの低出力エンジンと決まっていた(バターで戦車のパワーパックはドイツ)のにドイツ議会がゴネて進まずエアバスが、さっさと合意してモックぐらい作らせろ!!!と声明など。
19無題Name名無し 19/11/30(土)18:02:45 IP:240b:12.*(ipv6)No.501078+
>日本だと、上陸された時点で負け戦だから戦車不要 ! って
>評論家やコメンテーターいるけど、陸戦想定してるドイツ
>でもそういう人いるの ?
グデーリアンが電撃戦を提唱してた時からいるらしい
20無題Name名無し 19/11/30(土)23:58:34 IP:2001:268.*(ipv6)No.501101そうだねx2
>日本だと、上陸された時点で
いわゆる本土決戦というやつで
民間人が邪魔で戦えないと思う
21無題Name名無し 19/12/01(日)01:04:18 IP:240f:71.*(ipv6)No.501104そうだねx2
>>日本だと、上陸された時点で
>いわゆる本土決戦というやつで
>民間人が邪魔で戦えないと思う
確かに道路は避難民で溢れて、自衛隊車両は思うように移動できなくなる可能性が高い。
16式も自慢の高速移動を発揮できず、上陸部隊を素早く叩く作戦は失敗。
一方、敵軍は内陸部への浸透に容易く成功するだろう。
さらに先日の千葉の台風による大停電でも分かるように、空爆で送電塔を数カ所も破壊されれば、
大勢の人たちが電気や水を断たれてしまい、社会機能が完全に麻痺するだろう。
現実的な判断として、日本本土決戦の実行は不可能だと思う。
22無題Name名無し 19/12/01(日)01:46:00 IP:182.250.*(au-net.ne.jp)No.501107+
自衛隊が移動できないなら敵も移動できないのでは?
23無題Name名無し 19/12/01(日)02:49:26 IP:240f:71.*(ipv6)No.501114そうだねx1
>自衛隊が移動できないなら敵も移動できないのでは?
敵側は「自衛隊基地から遠く、内陸部に侵攻しやすい地形で、近くに大型商業港がある」
という条件で揚陸作戦を行うはずなので、敵部隊が内陸部に進む距離は、
自衛隊が基地から上陸地点まで移動する距離よりも遥かに短くなる。
しかも、市民は上陸地点から遠ざかるように逃走するのに対して、自衛隊は
市民の波に逆行する形で上陸地点に向かうのだから、立ち往生が避けられない。
これはイタリアやスペインに配備されたチェンタウロなどの装輪AFV部隊にも言えて、
高速部隊が上陸地点に急行し、主力戦車が到着するまでギャップを埋める戦略は、
実際には上手く行かないのではないかと、懐疑的な思考が浮かぶ。
24無題Name名無し 19/12/01(日)04:56:39 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501120+
    1575143799900.jpg-(46594 B)
46594 B
そういう時のために交通機動隊と訓練しているし市民の統制は警察が行うだろうし
津波と違い着上陸の場合市民の避難が始まる前に部隊を派遣するんじゃないかな。
まずは海上での迎撃という段階があるんだし敵揚陸艦隊が敵対行動を以って接近してきた時点で直近地域で避難区域の設定と避難統制するでしょ。
もう一つは親善寄港に擬装して、というパターンも想定できるがその場合はヘリや固定翼等の航空戦力で沿岸部に足止めしながら時間稼ぎができると思う。
25無題Name名無し 19/12/01(日)05:18:57 IP:182.250.*(au-net.ne.jp)No.501122+
敵が海中や門から突然出てくるならともかく海上から来るなら市民が動く前にあらかじめ警察も緊急配備できるしな。
二車線以上なら方側車線規制できるし迂回路があれば避難誘導をそちらに流して近道は検問で通行止め出来るし。
一車線はそもそも装甲車入らんだろうし。
26無題Name名無し 19/12/01(日)06:35:49 IP:240f:d2.*(ipv6)No.501124+
大混乱になっちゃいそう
27無題Name名無し 19/12/01(日)08:19:57 IP:1.66.*(spmode.ne.jp)No.501128+
敵が来るのが海からだけとは限らないぞ
空挺部隊やヘリボーン部隊も考慮に入れないと
普通、着上陸作戦を企図する場合、水陸両用部隊と空挺部隊が作戦地域を囲い込むような形で外線的に進攻するものだ
主要な国道やトンネル、鉄道などの交通インフラや、地形的な緊要地は、優先的に占領または破壊されることになる
住人の大半は避難すらかなわないまま占領統治されるはず
28無題Name名無し 19/12/01(日)08:41:16 IP:126.149.*(access-internet.ne.jp)No.501129+
> まずは海上での迎撃という段階があるんだし敵揚陸艦隊が
> 敵対行動を以って接近してきた時点で直近地域で避難区域
> の設定と避難統制するでしょ

既にドイツスレではなくなっているがw
日本の場合、軍絡みの政府の避難勧告に住民が従う可能性が
とても低そうだからなぁ

最近の天災続きでの住民の避難についても、朝日新聞だと
自主的判断で避難するための情報提供を具体的に行うのが正しい
政府や自治体による強制避難には断固反対って識者の主張が
載っちゃうんだぜ
29無題Name名無し 19/12/01(日)08:50:42 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501132+
日本は国民保護法に基づいて自治体などの関係機関と陸自が図上演習を行っているんだよな。
https://www.mod.go.jp/gsdf/about/2014/20141111.html

有事の国民避難について検討を始めたのは20年ほどまえぐらいからなんだけど、当時数人程度で検討を初めて参考に米軍の関係者を招待したら来たのは旅団長が来て「えって?」なったそうな。
こっちは警備職を中心にして十数名ぐらいの規模を考えていたらあちらは旅団規模の部隊があることを知ってそれだけ重要かつ大変なことだと実感させられたって。
30無題Name名無し 19/12/01(日)10:07:56 IP:240b:12.*(ipv6)No.501134+
>日本の場合、軍絡みの政府の避難勧告に住民が従う可能性が
>とても低そうだからなぁ

この辺は第二次世界大戦で国民が受けたことに対する感情をまだ引きずってる気がする
根っこはは軍が信用できないあたりだと思う
31無題Name名無し 19/12/01(日)12:19:27 IP:36.11.*(au-net.ne.jp)No.501141+
>市民の波に逆行する形で上陸地点に向かうのだから、立ち往生が避けられない。
>16式も自慢の高速移動を発揮できず、上陸部隊を素早く叩く作戦は失敗。
>一方、敵軍は内陸部への浸透に容易く成功するだろう。

装輪部隊は基本的に主力部隊到着まで橋梁・主要道路隘路等緊要の確保と遅滞による
敵部隊進出阻止が主で、余程の弱敵でない限り上陸地点の直接攻撃だなんて
MBTレベルの性能が求められる任務は行わないぞ。

何勝手に求められてない任務付け足した上に、求められている任務を無かったことにしてんだよ。

後日本列島は背骨のように山脈が連なっている関係上、内陸(他の地域)に
移動するに当たり必ずトンネルや橋梁を通らなければならず、そして自衛隊の
駐屯地は海と山に囲まれた平地にある以上、海から上陸した敵より自衛隊部隊のほうが遠い
だなんて出鱈目な地形は(余程価値の無い僻地を除いて)殆んど無いぞ。
32無題Name名無し 19/12/01(日)19:58:00 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501153+
>日本の場合、軍絡みの政府の避難勧告に住民が従う可能性が
>とても低そうだからなぁ

消防や警察の指示には従うが自衛隊の指示は断固反対!って
現実にはそうそういないと思うぞ。
左翼の活動家だって行政の避難命令となればプラカード掲げながらでも避難するさ。
ましてや現実的に考えて普通の市民が拒否する理由は無いし。
33無題Name名無し 19/12/01(日)20:23:04 IP:2001:268.*(ipv6)No.501155+
敵は住民の避難完了を待ってくれないし
攻撃前に警告もしない
電撃的に攻めてくるのは当然のこと
34無題Name名無し 19/12/01(日)20:28:06 IP:2001:268.*(ipv6)No.501156+
>左翼の活動家だって行政の避難命令となればプラカード掲げながらでも避難するさ
例のピスボ事案
35無題Name名無し 19/12/01(日)21:05:07 IP:116.64.*(home.ne.jp)No.501158+
    1575201907404.jpg-(1830470 B)
1830470 B
NATO統合早期即応部隊の中核をイタリアに代わって、という事は。

(SF的なのを含めた)仮想戦記的には、ある時期にヨーロッパを(機甲部隊or異星人or怪獣が)攻めれば。
始めはチェンタウロ装輪戦車がチョロチョロ&現地軍のATM装備の歩兵や軽車両!
そして後には!!ワラワラと湧き出る多数のC1アリエテ戦車&敵の側面に回りこみながら散発的に撃ってくるチェンタウロ達!!!!(WW2アフリカ戦線のイメージをひきずって、アリエテがドイツほどガッチリしたフォーメーションを組んでるとこを想像できない。)
などという光景が見られたのか!いいぞ超いいぞ
36無題NameNo.501158 19/12/01(日)21:10:26 IP:116.64.*(home.ne.jp)No.501161+
終盤に強大な敵へレオパルド2(のA5型以降)を装備したドイツ勢が反撃するのもわかってる。
37無題Name名無し 19/12/01(日)23:36:30 IP:240f:71.*(ipv6)No.501168+
>余程の弱敵でない限り上陸地点の直接攻撃だなんて
>MBTレベルの性能が求められる任務は行わないぞ。
上着陸部隊の第一陣は軽装甲車両やソフトスキン車両、或いはヘリから降りた徒歩兵などで、
いきなりMBTを揚陸させたりはしないよ。
彼らの目的は、速やかに橋頭堡の確保と拡大を実行すること。
彼らを放っておけば、橋頭堡は見る見るうちに拡大してしまい、商業港を占領するや、
次々に輸送艦が兵力や物資を陸揚げして、占領体制が強固なものとなってしまう。
そうならないために、高速AFV部隊を出して、橋頭堡の完成を妨害する必要性があるわけで、
そのために開発されたのがチェンタウロや16式なんだよ。
どうして、それらが105〜120mm戦車砲を装備しているのか理解しているだろうか。
38無題Name名無し 19/12/01(日)23:36:55 IP:240f:71.*(ipv6)No.501169+
MBTが時速40kmの戦車運搬車に載せられて橋頭堡に到着する頃には、敵は占領した
港湾施設からMBTなどの重装備を次々陸揚げして、守りを固めてしまう。
それだけでなく、上陸部隊は体制が整い次第、内陸部への侵攻を進めるので、
MBTの到着を待っていたのでは被害が拡大し、取り返しがつかなくなってしまう。
そのために重装甲を捨てて、移動能力に特化したチェンタウロが開発された。
ただし、個人的には16式を中心とした高速AFV部隊が、速やかに上陸地点まで
急行できるとは期待していないよ。
イタリアやスペインは近隣に自国に上陸してくるような危険な国家がないからいいが、
日本はそうは行かないので、楽観的にはなれないよ。
39無題Name名無し 19/12/01(日)23:37:13 IP:240f:71.*(ipv6)No.501170そうだねx2
>海から上陸した敵より自衛隊部隊のほうが遠い
>だなんて出鱈目な地形は(余程価値の無い僻地を除いて)殆んど無いぞ。
日本の海岸線は非常に長く、上陸地点の選択権は上陸船団の方にあるのを忘れてないかな。
どうしてノルマンディーやインチョンなどの上陸作戦が成功したのか、思い出して欲しい。
いくら陸自が自分たちに有利な条件を設定した上で図上演習を行い、上陸部隊の撃破に成功した
という結果をだしても、そんなものはアテにならないよ。
ミッドウェー作戦の図上演習にて、良い目が出るまで何度もサイコロを振り直した日本海軍の
軍人たちとちっとも変わらない。
40無題Name名無し 19/12/02(月)00:09:04 IP:182.251.*(au-net.ne.jp)No.501171そうだねx6
    1575212944674.jpg-(21420 B)
21420 B
この地形見て敵がどこら辺を着上陸地点に選んでくるか見当もつかないとかアホだろ
41無題Name名無し 19/12/02(月)00:41:14 IP:106.73.*(enabler.ne.jp)No.501173そうだねx2
いくら日本列島は海岸線が長いとはいえ、峻険な山脈が列島を細切れに分断してるから、上陸適地は意外と少ないぞ

冷戦時代、自衛隊は本州におけるソ連軍の上陸予想地として、以下を想定してたそうな

津軽(津軽海峡を管制するため)
能代・秋田(東北地方の政経中枢)
酒田(良港と空港と山形自動車道を擁する、東北有数の交通要衝)
新潟(上越地方の政経中枢。良港と空港を擁する上、関越自動車道が確保出来れば東京まで直接アクセスできる)

これらの都市は良港があって数万トン級のタンカーが入港できるし、地形的にも平野だから揚陸部隊が展開しやすい
まあこれは冷戦期のソ連の場合であって、現代の中国がどこに着上陸するかは知らないけど
42無題Name名無し 19/12/02(月)04:48:28 IP:119.104.*(au-net.ne.jp)No.501179そうだねx1
海岸線広しとはいえ上陸地点をおざなりに選べば主力部隊揚陸前に沈よ。
それに陸軍・陸上自衛隊だからって特科や飛行機使っちゃいけないってルールは無かったぜ。
43無題Name名無し 19/12/02(月)15:52:26 IP:2001:240.*(ipv6)No.501184+
書き込みをした人によって削除されました
44無題Name名無し 19/12/02(月)15:53:03 IP:2001:240.*(ipv6)No.501185そうだねx2
    1575269583151.png-(250875 B)
250875 B
>IP:240f:71.

1.ATMで武装した敵軍を追い出す際に必要なのは火力・機動力さらに"装甲"であり、
装輪戦闘車は元よりそれに難があり、故に基本的に偵察と遅滞作戦用の先遣隊に使われる。
2.チェンタウロの正式名称は「チェンタウロ戦闘偵察車」であり、名称にある通り
その任務は先遣と遅滞であり、敵軍の撃破と掃討は後続のアリエテ戦車に任されている。
ついでにいうと16式機動戦闘車の配備先も戦闘偵察大隊であり、
イタリア軍と同じく敵の撃退は2次・3次展開のMBTによって行われる。
イタリアも日本も、敵が貧弱である上陸戦初頭にMBTを突入させられるほど
多くのMBTを全国各地に配備できないが故にMBT投入までの時間稼ぎとして
装輪戦闘車を配備したのであり(防御戦闘なら陣地構築で軽装甲を補える上に
機動による先制の理で緊要地形を確保し、その火力を投射できる)、MBTの代替では無い
(代替できるのならMBTを廃止して装輪戦闘車一本に統一している)し、それ故仰るような
敵橋頭堡突入だなんて危険な任務は(敵がトチ狂って軽装の空挺部隊を
ろくな支援なしで放り込んできたりしない限り)元より考慮されてない。
45無題Name名無し 19/12/02(月)20:46:00 IP:2001:ce8.*(ipv6)No.501192+
1575212944674.jpg
地政学?ちゃんとした学問?
46無題Name名無し 19/12/03(火)08:39:07 IP:182.251.*(au-net.ne.jp)No.501198そうだねx2
いくら海岸線がわんさかあるとは言え、山陰、と言うか新潟以外の裏日本のどこかに上陸した所で重量物どころか移動すら困難なんだよなぁ
太平洋側にしてもそんなところに悠長に舟を進ませてたら潜水艦の餌食になるリスクが高まるだけという
47無題Name名無し 19/12/03(火)11:45:36 IP:210.153.*(nttpc.ne.jp)No.501206+
>1575212944674.jpg
元寇なんて防御固めた九州から来ずに樺太伝いで来れば楽勝だったんじゃね?
といつも思う。
冬以外の半年で済まさないとならないけど。
48無題Name名無し 19/12/03(火)14:20:27 IP:210.153.*(nttpc.ne.jp)No.501208+
ごめん、やっぱり冬が寒すぎてダメだった。モンゴル帝国の最大版図は間宮海峡付近まで到達してはいたが。
49無題Name名無し 19/12/03(火)22:35:43 IP:2001:268.*(ipv6)No.501231+
近い場所程戦力が発揮しやすい
陸伝いでなく海上航空優勢の維持が必要であれば尚更
よって古には蒙古は北九州に来襲したしソ連は北方四島を占領
現代では中国は西南の島嶼にちょっかい出そうとしてる
50無題Name名無し 19/12/04(水)00:13:11 IP:59.133.*(dion.ne.jp)No.501238+
そもそも近くでなければ展開することが出来ないというのが現実。
51無題Name名無し 19/12/04(水)14:07:45 IP:210.153.*(nttpc.ne.jp)No.501263+
象でアルプス越えしたカルタゴは凄かったんやな
52無題Name名無し 19/12/04(水)14:27:50 IP:61.213.*(dsnw.ne.jp)No.501264+
>元寇なんて防御固めた九州から来ずに樺太伝いで来れば楽勝だったんじゃね?
やったけどアイヌにボコらて失敗したよ
53無題Name名無し 19/12/04(水)16:50:14 IP:210.153.*(nttpc.ne.jp)No.501267+
アイヌなのかなあ?文字がないから文献資料は無いんじゃないかな?
54無題Name名無し 19/12/04(水)20:31:04 IP:59.133.*(dion.ne.jp)No.501274+
ゲルマン猫「えっ! 予算を10%アップするから稼働率を10倍にしろ!?」
55無題Name名無し 19/12/04(水)21:33:33 IP:203.192.*(itakita.net)No.501277そうだねx3
>アイヌなのかなあ?文字がないから文献資料は無いんじゃないかな?

モンゴル側に記録が残っている。また考古学的発掘もある。

アイヌとモンゴルやギリヤークの樺太や大陸北部での戦闘は元寇10年前ほどからあった。
さすがに、アイヌはモンゴルをぼこってはいないが、樺太からアイヌを追い出してそれで進攻は止んだ。
樺太最南端に白主土城を作った。それ以降もアイヌ人は樺太に侵入し小規模な戦闘が繰り返されている。
アイヌ歌謡のユーカリにも樺太を侵略する歌があるという。

ちなみに、樺太戦で大量の船舶が必要となったので、第三次元寇がナシになったともいえる。
56無題Name名無し 19/12/04(水)22:17:08 IP:240b:10.*(ipv6)No.501278そうだねx2
>モンゴル側に記録が残っている。また考古学的発掘もある。
同時期に津軽海峡を支配していた安東家の当主がアイヌに討たれる事件が起こっている
日蓮が「日蓮宗を信じないからこうなった」と書き記している

蒙古に圧迫されて南下した樺太アイヌと、蝦夷地アイヌを保護する立場だった安東氏が戦って敗死したとも、
蝦夷地アイヌを率いて樺太まで遠征した安東氏が蒙古に討たれたとも言われていて
蒙古の樺太戦役が、日本の津軽まで影響していた事例と見られている

この安東氏は面白いよ
戦国時代も生き延びて、船団を率いて朝鮮攻めの名護屋城までやってきて秀吉に喜ばれたり
危険視されて港のない内陸に国替えされても生き延びて明治維新を迎えたりと
南の島津に匹敵する歴史を持っている
57無題Name名無し 19/12/04(水)23:00:42 IP:114.181.*(plala.or.jp)No.501280そうだねx2
>アイヌ歌謡のユーカリにも樺太を侵略する歌があるという。
ユーカラ…
58無題Name名無し 19/12/05(木)00:08:17 IP:210.153.*(nttpc.ne.jp)No.501281そうだねx1
すいません。「九州から樺太までほぼひと繋がりの列島」という地理認識が当時のモンゴルには無かった可能性が高いですね。つまり最初の「樺太から南下すれば日本攻略楽勝じゃん」というのは典型的な「後知恵」でした。反省します。
59無題Name名無し 19/12/06(金)12:40:01 IP:133.175.*(vectant.ne.jp)No.501343そうだねx2
間違いを認めて反省できるなんて偉い!!
みんなもっと褒めてあげて
60無題Name名無し 19/12/06(金)13:01:15 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp)No.501345+
書き込みをした人によって削除されました
61無題Name名無し 19/12/06(金)13:13:13 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp)No.501348+
後知恵でどうのこうの言う(代表的なのはWWIIの日本軍のあれこれ)のは自分の最も嫌うところなのでね。本当に気をつけないと、、と思った。
62無題Nameエストラマー 19/12/06(金)17:45:23 IP:106.130.*(au-net.ne.jp)No.501356+
すごいね!
63無題Name名無し 19/12/06(金)21:14:09 IP:49.98.*(spmode.ne.jp)No.501363そうだねx6
>エストラマー
額に犬って入墨される刑罰を思い出した
64無題Nameエストラマー 19/12/07(土)17:33:05 IP:210.2.*(icnet.ne.jp)No.501396そうだねx4
>後知恵でどうのこうの言う(代表的なのはWWIIの日本軍のあれこれ)のは自分の最も嫌うところなのでね。本当に気をつけないと、、と思った。
なるほど。
殊勝なことだけど、他にも気をつけることはあるように思う
65無題Name名無し 19/12/07(土)18:30:39 IP:182.250.*(au-net.ne.jp)No.501399そうだねx1
>他にも気をつけることはあるように思う
確かに私も情報量不足で語ってしまう事がある。気を付けようと思う。
66無題Name名無し 19/12/08(日)14:40:54 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp)No.501435そうだねx5
>Nameエストラマー 19/12/07(土)17:33:05 IP:210.2.*(icnet.ne.jp)
IP:210.2.*(icnet.ne.jp)
やっぱりIP:106.130.*(au-net.ne.jp)の別垢だったって話だね(笑)
たくさん使いすぎて管理しきれてないんじゃないか?
67無題Name名無し 19/12/08(日)14:43:52 IP:219.102.*(nttpc.ne.jp)No.501437+
でモンゴルの件に関して言えば学習すべきことは「もっと地理調査しておくべきだった」ってことかなあ? 実際に大軍を樺太から侵入させるのが可能だったかは未知数だが。
68無題Name名無し 19/12/11(水)00:22:28 IP:116.254.*(t-com.ne.jp)No.501556そうだねx2
これは痛恨なのかな
間違いは誰にでもある
だから俺は間違いの元になる偽装の類はしないと決めてる
69無題Name名無し 19/12/22(日)04:02:59 IP:210.237.*(dion.ne.jp)No.501925+
新型フリゲートが試験航海で右に傾斜して受領拒否、詰めこみすぎて対潜とか追加する拡張性がなくて行動するには別に護衛艦が必要と言われてる
ただでさえ海軍も人手不足で頭抱えてるのに同型艦3隻進水済みとか
どうすんだろ、あれ
70無題Name名無し 19/12/22(日)06:34:39 IP:182.250.*(au-net.ne.jp)No.501927+
    1576964079414.jpg-(82560 B)
82560 B
>新型フリゲートが試験航海で右に傾斜して受領拒否、詰めこみすぎて対潜とか追加する拡張性がなくて行動するには別に護衛艦が必要と言われてる

進水から就役までおっそい
しかも価格が倍くらいたっかい
装備も少なくてよっわい
デーニッツ元帥が草葉の陰で泣いてるぞ
や護N1

- GazouBBS + futaba-